2021年06月19日

気になる口臭やべたつき…大事なのは舌磨き!!

朝起きた時口の中がべたつく、マスクの中で吐いた息が生臭い、食べ物の味が感じにくいことがある…こんな経験ありませんか?

実はこれ、舌に汚れが溜まって菌が繁殖してしまっているのが原因なんです!!

ここ最近、全身の健康と歯や口の健康には大きな関わりがあり、口の中を健康的な状況にすることでがんや心筋梗塞などの全身疾患を防ぐ効果があることが世界的に分かってきました。

その影響か、今では多くの人が年齢に関わらず毎日のように歯磨きをするように習慣づいてきています。実際、歯磨きをする人が増えた影響で虫歯や歯周病にかかる人の人数が激減したというデータも取れています。

このように、口の中の健康を気にする人が年々増加する中、なぜ口臭が気にする人は減らないのでしょうか?

原因として特に大きく挙げられるのは、「歯は磨いても舌は磨いていない」ということです!

舌には味を感知するための小さなヒダが沢山付いています。より繊細に食物の味を感じるために舌全体にびっしりと付いているこのヒダですが、沢山付いているということは同時に汚れも沢山絡め取ってしまうということになります。汚れを落とさず何日も放置していると、菌が繁殖し悪臭を放ち始め口臭の原因へと繋がってしまうということだったのです!

舌に汚れや菌の膜が出来たままでは、口臭も気になるだけでなく食事もおいしく取れなくなってしまいます。そうなる前に、舌の掃除は必ず行いましょう!1週間に一度、歯ブラシで優しく磨くだけでも全然違います!口臭の気になる人は是非試してみてください!!
posted by 舌磨き at 00:00| 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月19日

主婦オリジナル口臭の防ぎ方

口臭の原因は様々あります。例えば喫煙によるタバコの臭い、虫歯や歯石による口臭、そして寝起きの口臭などです。

歯石になってしまうと歯医者さんにいかないと取れないので、日ごろの口腔ケアが必要になってきます。そこで私が歯医者で教えてもらった、口臭ケアについて情報をシェアさせていただきたいと思います。

まず寝起きの口臭の原因ですが、寝ている間に口の中が乾燥してしまい、唾がほとんどない状態なので口の中で雑菌がわいている状態になっています。そこで効果的などが洗口液(商品名でいうとリステリンやキラハクレンズ)で口をゆすぎ、そのあと歯ブラシで歯を磨くと、寝起き時と比べて口臭が軽減されます。

更に目も覚めてくるので、お食事前にやってみてください。私は喫煙しないのでこれは憶測ですが、タバコを吸ったあとに洗口液で口をゆすぎ歯ブラシをしたら、歯についたヤニをとることができるかと思います。

最後に虫歯と歯石は歯医者さんに行きましょう。虫歯の治療に行ったことがある人はご存じかと思いますが、虫歯の歯を削ったり、抜いたりすると悪臭がしてきます。

これをほっておくと、虫歯の範囲が大きくなり更に臭いを発してきます。こうなってしまった場合は治療をし、ついでに歯石も取ってもらうと口臭がなくなります。

最後に歯も磨いてもらえるのでスッキリします。できれば定期的に歯石を取ると、更に口臭がなくなるので生活習慣にいれてみてはいかがでしょうか。
posted by 舌磨き at 19:37| 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【口臭】舌磨き【原因】

こんにちわ。

今日は誰もが一度は気になったことがあるであろう口臭と舌磨きについてのお話をしたいと思います。

皆さんは歯磨きと共に舌磨きをしていらっしゃいますか?

私は今年30歳になるのですが、先日妻に『なんか舌が白いけどちゃんと舌磨きしてる?』との指摘をもらうまで舌磨きの行為そのものを知らなかったのです。

お恥ずかしい話30年近く磨いてこなかったのですが。。。

指摘されたとき『え?舌って磨くの?歯磨きは歯だけ磨くものではないの?』と思ってしまいました。

確かに、朝起きた時などに口臭を指摘されることはありましたが、朝は皆臭うものだと思っていました。

ですが指摘後に実際、舌磨きをして翌朝を迎えてみると。。。



なんと!見事に自分でわかるくらいに口の中がさっぱりしているのです!

粘りというか、こう臭いだろうなーという感覚が全くなく、妻にも今日は臭くないねと言われました。

今までそんなに臭ってたの?と疑問も多々あるのですが、、

一説によると口臭原因の90%は舌にあるとか。

私は舌磨きでえずいてしまい、苦しいと感じますが、それ以上にさっぱり感がたまらなく毎日が気持ちいいです。

口臭は仲が良くても中々指摘しずらいものだと思うので

皆様口臭マナーのためにも【舌磨き】は必ず実行しましょう。
posted by 舌磨き at 00:00| 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

口臭が気になったら舌磨きをおすすめします

 口臭が気になってきた、または誰かに指摘されたことがあるという中高年の方はまず、鏡で自分の舌を確認してみて下さい。舌に白い汚れがついていませんか。もしついていたら、舌磨きをおすすめします。

 舌の上に着いた白い汚れを、舌苔といいます。舌苔は口の中の粘膜が剥がれ落ちて舌の上にたまり、腐敗したものです。その中には細菌や、食べかすも含まれています。口の中から起こる口臭の発生源は、ほとんど舌苔からきています。

 若くて、口の機能に問題のない人は、口の中で唾液の自浄作用が働きます。そのため、舌苔はほとんどついていません。しかし、歳をとって口の機能が衰えてくると、唾液が減り、自浄作用の働きは弱くなります。そのため、舌苔が着きやすくなります。

 舌磨きには、舌ブラシを使います。舌ブラシは、薬局や歯科医院で購入できます。1日に1回、食後に磨いて下さい。磨き方ですが、まず、鏡を見ながら口を大きく開けて「アッカンベー」をします。次に、ブラシを舌の奥に当て舌の先に向けて、舌を傷つけないよう、優しい力で汚れを掻き出します。2?3回繰り返し汚れを掻き出したら、洗ってもう一度汚れを掻き出して下さい。歯磨きは最後に行います。歯磨きを先にすると、返って口臭を強くすることがあります。

 舌磨きを毎日続けると、舌苔がとれて、口のネバつきもなくなり次第に口臭は減ってくるはずです。ぜひ、お試しください。
posted by 舌磨き at 21:23| 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする